正式に申し込む前に確認すべき点は?

長く住むなら内見をして備品確認をすると良い

マンスリーマンションの多くが短期滞在のために内見することなく契約することが多いです。しかし、3ヶ月以上の長期で住む場合には、正式契約をする前に内見をしておくと良いでしょう。設備として付いている備品について、破損や故障が無いか確認しておくことが必要となるからです。 入居時に預ける保証金については、何事もなければ退去時にそのまま返金されますが、設備や備品に破損が認められると保証金から引かれてしまいます。正式契約前に内見をしておけば、破損の有無や故障箇所について入居時迄に直してもらうことも出来るので、快適な生活のためには必要なことでしょう。短期滞在ではあまり気にならないことであっても、数ヶ月以上住むならば毎日のこととなるので、納得した上で契約を行うことが必要です。

利用規約を注意深く確認しよう

一般的な賃貸契約とは異なり、マンスリーマンションでは重要事項の説明がおざなりとなってしまうことが珍しくありません。普通借家契約ではごく普通のことであっても、マンスリーマンションでは禁止されている項目がある場合が多いので、利用規約を注意深く確認してから正式契約を行うことが必要です。 意外と思われることとして、入居中に入居者以外の来客を禁止しているマンスリーマンションが珍しくありません。全面禁止物件もあれば管理会社への事前申請が必要なケースさえあります。なぜなら、マンスリーマンションでは料金前払いのために入居審査が簡易的なものとなっており、不特定多数の人が来客として訪れると犯罪に使われる可能性が否定出来ないからです。管理会社としても、犯罪に使われないように利用出来る人を制限していることがあるので、入居希望をする際には来客に関する規定は必ず確認しておきたいものです。

マンスリーマンションを中央線で探しているなら、希望の駅を明確にする方法が最適です。該当する物件がすぐに見つかります。